水冷PCって何?

水冷PCとは、水の流れを利用した水冷システムによって冷却を行なうPCのことです。

水冷PCは、静音性の面と冷却性能の面で空冷(ファン)よりも優れており、近年その売上を伸ばしています。

水冷PCには、奪った熱を「任意の場所で放熱できる」という特徴があります。

したがって、PCケース外に熱を移動させケース内の温度を上がらないようにできるわけです。

この仕組みこそが、水冷PCの冷却効率が空冷より優れていると言われる所以です。

ただし、冷却するための構成部品が増えるために、空冷と比べてパーツが大がかりになりやすいという欠点もあります。

水冷PCはWater Block(水枕)、ラジエター、ポンプ、ファンといった部品によって構成されています。

冷却液を循環(熱移動)させる役割をする部品がポンプ、CPUやその他部品から熱を奪う(熱吸収)部品がWater Block(水枕)、奪った熱を大気中に放出するのがラジエターの役割です。

これらのパーツに何らかの異常を発見した場合は、すぐにシステムを停止する必要があります。

水漏れの可能性も考えられるため、動作不良のまま冷却システムを動かしていると、水冷装置以外の電子パーツにも破損が及ぶというリスクが生じます。

また、清掃だけでメンテナンスが可能なパーツについても、動作不良の状態で稼動し続けていると、やがてはパーツの交換が必要になるケースが多いようです。

おかしいと思ったらすぐに「水冷システムを停止する」、これが水冷PCの鉄則です。

ページのトップへ戻る