投資初心者向けにNISAの仕組みを解説します。NISAとは、NISA専用の口座で毎年一定の範囲内で買った金融商品から得られた利益が非課税になる制度です。

NISAの解約可否について気になるとい

NISA口座のおすすめは?【銀行と証券どっちがいい?】
■HOME >> NISAの解約可否について気になるとい

NISAの解約可否について気になるとい

NISAの解約可否について気になるという方もいらっしゃると思いますが、手続きはできますからまずはご安心ください。

但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

証券会社等によって細かい手順は違ってくると思いますが、廃止手続きの手順に従って進めることになります。

もう少し具体的にお話すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類が必要になります。

必要な書類は手続きの申し込みをした段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約できるというのは、原則60歳まで解約することができないiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、これからNISAを始める人にとって始めやすいとも言えますよね。

NISAとは何なのかできるだけ分かりやすく答えると、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。

日本では2014年に開始した取り組みで、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

もっと詳しく言うと日本に住む20歳以上となっていまして、ひとつの口座のみを持つことができます。

課税されないというのは素敵な響きですが、株式や投資信託の配当金や分配金や譲渡益といったものがそれに該当します。

最長で5年間という制限があり、今現在一般口座や特定口座のものをNISAで引き継ぐということはできません。

NISAは非課税という最大のメリットがある一方でデメリットも存在します。

それは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座へ引継ぎというのが通常の流れですが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、その値段で新規に買ったということになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になっていたとすると25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益という扱いになってその5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですから実際に引継ぎをする場合でも含み損がでていれば一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料をひっくるめてデメリットと言えそうです。

NISAの仕組み上5年後どうするかは大きな課題です。

というのもNISAでは最長5年間というルールが設定されているからなんです。

期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。

まず売却して換金するというのが一番分かりやすい方法です。

翌年のNISAの新しい枠で運用を続けることができます。

あとはNISAではなく普通の証券口座に移行するというのも可能です。

NISA枠をどう使って投資をするのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、忘れないでほしいのですが、非課税というのは損益通算できないということで条件付きのメリットであるということです。

NISAによる資産形成はときどきニュースになりますし、病院や銀行などに置いている雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

しかしながら、実際に運用を始めるかというのは難しい問題ですよね。

預金金利が低いから預けておいても増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってしまうのはもっと嫌ですよね。

私たち一般人が生活の上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクではなく、何のためにやるのかという目的です。

老後にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先の社会を予想してみてはいかがでしょうか。

将来発展しそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAで投資信託というのは初心者向けと言われています。

なぜかと言うと、投資額が少なくて済むからです。

現物株だと、1単元あたり数万円から数十万円なので、限られた銘柄にしか投資できません。

一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。

その一方で、投資信託というのは複合的な金融商品のため、年間120万の枠があるNISAでも分散投資が可能です。

投資予算があまりないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらうという性質上手数料や信託報酬といったコストが掛かってくるのでその点は理解が必要です。

NISAの失敗ってどのようなものか気になりますよね。

考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

失敗の原因には、NISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品であるがゆえのリスク、NISAの仕組みによるデメリットを無意識的に避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗について説明すると、期間終了時に含み損が生じていた場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がはらんでいるリスクというのは、NISAじゃなくても値下がりしたら損するよねということです。

NISAの仕組みによるデメリットを避けるがゆえに起きるリスクというのは、NISAの枠が120万円ですから、その間に収まるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことを指します。

NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです。

支出のバランスを崩さない程度に投資してみようかな。

ということをお抱えの経済のプロのような人が雑誌などで言ってたりしますが、少額だと何かあってもダメージが少ないのは確かですがそれだけではありません。

投資と言えば株というぐらいの定番なのでそれで考えてみますと、株主優待などに興味がある人はご存知かと思いますが株って数十万円必要だったりします。

となるとお金がない人は参加できませんし、あるひとつの会社がどうなるかなんて分からないので、お金がある人にとってもリスクが高くてやっぱりやめようと判断することになります。

投信であればバランス投資を実現できますが仕組み化している分若干ですがコストが増えてしまいます。

運用しているNISAを、他社もしくは他行に変更したいというケースがあると思います。

この場合NISAの口座は制度がスタートした当初から少しかわって、1年に1回変更することができるようになりました。

もう一つは通常のNISAをつみたてNISAに変更したい場合やその逆があると思いますが、こちらの手続きも同様に1年に1回対応してもらえます。

ここで心配になるのは変更前に買った株や投資信託が、変更時に強制的に解約しなければいけないのか?ということだと思います。

結論から言うと、そこは問題ありませんのでご安心ください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

但し、NISAの枠組み自体の制限は変わりませんのでご注意ください。

NISAを利用する最大の目的は非課税ということにつきますよね。

この非課税というメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておくことが大切です。

毎年与えられる120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉で勘違いしやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

一応解説すると、「120万円まで」という枠なので120万円を超えることはできません。

また、枠自体を持越しすることは出来ませんので、年内に使いきれなくても翌年その分増えるということはありません。

メニュー