投資初心者向けにNISAの仕組みを解説します。NISAとは、NISA専用の口座で毎年一定の範囲内で買った金融商品から得られた利益が非課税になる制度です。

NISAで取引が可能な対象商品と言えば、ざっくり

NISA口座のおすすめは?【銀行と証券どっちがいい?】
■HOME >> NISAで取引が可能な対象商品と言えば、ざっくり

NISAで取引が可能な対象商品と言えば、ざっくり

NISAで取引が可能な対象商品と言えば、ざっくりと3つに分けることがき、株、投資信託、ワラント債というものに分けられます。

ただし、株でもリスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的低リスクな債券も対象外です。

人気のある外貨MMFなども含まれていないですし、情勢不安の際でも安定している金やプラチナなど先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAという商品の誕生理由は、日本では預金する傾向がとても高いため、預貯金する分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのではと考えられて作られたのだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後から生まれたことから鑑みても長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAの口座開設を検討しているなら、まずはじめに考えるなくてはいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座というものは1人につき1つしか持てないので、NISAに対応している金融機関の中から、どこが一番いいか厳選する必要があります。

一番有力な候補としては証券会社ですね。

数ある証券会社の中でも、特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安さだけで決めてしまうのではなく、キャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買にかかる手数料が無料になるという証券会社もありますし、キャッシュバックがある場合もあります。

投資金額が比較的少な目であれば、キャンペーンを重視するというのもオススメです。

NISAとは何なのかできるだけ分かりやすく答えると、投信や現物株で稼いだお金を非課税にしましょうという仕組みです。

日本では2014年に開始した取り組みで、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、実際には一人につき一口座と決まっています。

非課税枠というとすごく魅力的なので詳しく確認してみると、配当金や分配金や譲渡益といったものが対象です。

最長で5年間という制限があり、今現在一般口座や特定口座のものをNISAで引き継ぐということはできません。

NISAで1万円から始めたいと思っています。

バランスを崩さないように無理せず投資も。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、本当のところ少額の投資では少額の取引自体のリスクがあったりします。

株を例にとってみると、株主優待などに興味がある人はご存知かと思いますが株って数十万円必要だったりします。

となるとお金がない人は参加できませんし、投資先としてどこかの会社を選んだとしても結果としてどうなるかは神のみぞしるわけで、ある程度の資金があるとしてもやはり機関投資家ではないので限界はあるわけです。

投信であればバランス投資を実現できますが仕組み化している分若干ですがコストが増えてしまいます。

NISAとジュニアNISAの違いをご存知ですか?通常のNISAは自分のために口座を開設して投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親権者などが代理で運用していくしくみになります。

ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供や孫たちのための備えという面があります。

ジュニアNISAは、18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

ジュニアNISAの制度が終わっても、一定の金額までは20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAは非課税という最大のメリットがありますがその一方でデメリットもあります。

1番のウィークポイントは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年間という期限を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座へ引継ぎというのが通常の流れですが、NISAの場合、引き継いだ際に手数料はかからないのですが、引き継いだ額分、新たに買ったということになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、口座へ引き継ぐ際には新規で25万円で買ったという扱いになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益という扱いになってその5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですから、引継ぎをする場合でも含み損が出ているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが得策かもしれません。

こういう手間など総合的なコストを考えると実際的なデメリットと言えそうです。

NISAと積立NISAの違いについて分かりやすく説明すると、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資できる金融商品が限定されています。

積立NISAでは投資信託しか扱えないのですが、その中でも手数料が低く分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がゼロのノーロードであること、長期分散投資に適している公募投資信託であることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までと決められています。

投資上限は低いですが、非課税投資枠が20年間まで最大800万円までという特徴もあります。

通常のNISAと併用できませんのでお気を付けください。

NISAの失敗にはどのような原因があるのかご存知ですか?考え方自体は実は非常にシンプルです。

大きく分けると、まずはNISAの仕組みによって起こるもの、金融商品自体そのものが抱えているリスク、NISAの仕組みを活かしきれず逆効果になってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗は、期間終了時点で含み損が出ていたという場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは端的にいってしまうと、NISAであろうがなかろうが値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、NISAの枠が120万円ですから、その間に収まるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことを指します。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている仕組みが存在します。

NISAには最長5年という条件があるのですが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、移すことをロールオーバーといいます。

NISAの投資枠自体は毎年120万円と決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぐことができます。

ジュニアNISAと呼ばれるしくみについても枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーついては基本的には同じです。

とはいえNISA自体が2023年までなので、これから運用を始めるという人には、ほとんど関係がないと言えるかもしれません。

NISAの最大のメリットは非課税だということですよね。

せっかくのメリットを十分に活用するために、NISAのルールを事前にちゃんと確認しておきましょう。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

よく勘違いされやすいのですが、例えば50万円の株を購入した後に売却しても50万円分の枠は返ってこないということです。

こちらは誤解している人はあまりいませんが念のため解説すると、120万円までという枠ですから、合計120万円を超える商品は購入することはできません。

枠そのものを持越しすることもできませんので、年内に使いきれなくても翌年その分増えるということはありません。

メニュー