投資初心者向けにNISAの仕組みを解説します。NISAとは、NISA専用の口座で毎年一定の範囲内で買った金融商品から得られた利益が非課税になる制度です。

NISAとは何かをシンプルに言うと、投信や現物株

NISA口座のおすすめは?【銀行と証券どっちがいい?】
■HOME >> NISAとは何かをシンプルに言うと、投信や現物株

NISAとは何かをシンプルに言うと、投信や現物株

NISAとは何かをシンプルに言うと、投信や現物株で稼いだお金を非課税にしましょうという仕組みです。

日本で始まったのは2014年で、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

非課税という素敵な響きが魅力ですが、配当や売買差益といったものがその対象になっています。

期間は最長5年までということになっていますが、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。

NISAによる資産形成はちょっと前まで結構話題になっていましたし、雑誌などでも見たことがあるという人も多いかと思います。

ですが実際に手を付けるかどうかは難しい問題ですよね。

預金してもあまり増えないからこれからは投資だといわれても、減ってしまうリスクは怖いですしね。

生活をしていく上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく何のためにやるのかという目的です。

子供のためにまとまったお金を用意しておきたいと感じたなら、まずは数年先を想像してみるといいですね。

将来有望そうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAは解約可能なのかどうかと言う点について気になる方もいるかと思いますが、手続きはできますからまずはご安心ください。

但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

証券会社や銀行などによって、解約手順は多少異なると思いますが、廃止手続きをするための案内に則って進めることになります。

もう少し具体的に説明すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と併せて送付します。

必要な書類は手続きの申し込みをした段階で郵送などで送付されます。

解約しようと思えばいつでも解約できるというのは、原則60歳までは解約不可となっているiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということはそれだけはじめやすいということでもありますね。

NISAの口座開設を検討しているなら、まず最初に検討すべきことはどこを利用するかということでしょう。

NISAの口座は一人一つしか所有できませんので、対応する金融機関の中からどこが一番いいか決めなくてはいけません。

一番人気があるのは証券会社ですね。

その中でも、特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安さだけで決めてしまうのではなく、キャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買にかかる手数料を0円になるというものもありますし、キャッシュバックなどがある場合もあります。

投資金額によっては、キャンペーンを重視するというのも有用です。

NISAで5年後どうするかというのは外せないテーマです。

なぜならNISAには最長5年間という期限が決められているからです。

この期限を迎えた時にできることをまとめておきます。

その時の時価で株や投信を一旦売却することができます。

あとは翌年以降のNISAの枠を使ってそのまま持ち越すこともできます。

これらの他には通常の証券口座に移行するというのも可能です。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、投資に対する考え方は人によると思いますので言いきれませんが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、損益通算ができないため結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAを銀行でやろうと思っている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いだったりいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安く取扱い商品も豊富なネット証券のほうがおすすめです。

ゆうちょや銀行などは身近にあるお店では、NISAってどういうもの?というところから丁寧に説明してくれますので、対面でやり取りできた方が安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、出て行くお金が少なくなるというメリットですから、どうせなら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですね。

極力リスクを下げることも考えて銀行にするかどうか決めましょう。

今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座はスタート当初より少し変更になっていて、1年に1回変更できるようになりました。

あるいは、通常のNISAを「つみたてNISA」に変更したい場合もあるかと思いますが、こちらの手続きも1年に1回対応してもらえます。

ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更する時に強制的に解約しなければいけないのかどうかだと思います。

結論から申しまして、そこは大丈夫ですのでご安心ください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

但し、NISAの枠組み自体の制限は変わりませんのでご注意ください。

NISA投資におすすめなのは何になるでしょう?あなたがもし初心者だったとすれば、理解しておく必要があるのはNISAという仕組みについてではなく、投資が預金と大きく違うのはリスクリターンについて考える必要があるということです。

預金より投資のほうがリスクが大きいという比較してどうかという話ではなく、起こりうるリスクがどうやって現実化していくのかというメカニズムを知ることです。

株について言えば会社の業績や先行きなどが株価に影響を与えます。

投資信託は比較的身近な金融商品として知られていますが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

その上で長期視点なのか積極的にトレードするのか投資に対する考えを整理するとおすすめは自然とみつかりますよ。

NISAには非課税という最大のメリットがありますが当然ながらデメリットも存在します。

それは「NISAは損失の繰り越しができない」ということです。

含み損のある状態で5年を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座に引継ぎとなるのですが、そのとき、手数料こそかかりませんが、その値段で新規に買ったということになります。

50万で購入した株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益という扱いになってその5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですので、含み損がでているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAが始められるのは2023年までです。

運用期間は当初から決まっていたことではありますが、これからNISAをはじめる方にとってはあとわずかな期間しかありません。

2023年になるまでは、すでにNISAをやっていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからNISAをはじめるという方には、あまり意味のない話かもしれません。

ではNISAの期限が切れるとどうなるかが気になってきますが、その場合は売却もしくは、課税対象の普通の口座に移行するかのどちらかになります。

非課税口座と課税口座の間で株や投資信託を移行させることで、最終的な損益を考えておくといいでしょう。

メニュー