投資初心者向けにNISAの仕組みを解説します。NISAとは、NISA専用の口座で毎年一定の範囲内で買った金融商品から得られた利益が非課税になる制度です。

NISAを利用する最大の目的は非課税ということ

NISA口座のおすすめは?【銀行と証券どっちがいい?】
■HOME >> NISAを利用する最大の目的は非課税ということ

NISAを利用する最大の目的は非課税ということ

NISAを利用する最大の目的は非課税ということにつきますよね。

NISAの利点を十分に活用するために、NISAのルールを事前にちゃんと確認しておきましょう。

120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉がよく使われるので勘違いされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったとして、後に売却しても30万円分の枠は返ってこないということになります。

こちらは誤解している人はあまりいませんが念のため解説すると、120万円までという枠ですから、合計120万円を超える商品は購入することはできません。

枠自体を持越しすることは出来ないので、年内に使いきれなくても翌年その分増えるということはありません。

NISAにはロールオーバーという制度があります。

NISAには最長でも5年という制限があるのですが、5年経過後にその年の新たな非課税枠を使って、移すことをロールオーバーといいます。

NISAの投資枠自体は年間120万円の範囲以内と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぎが可能です。

ジュニアNISAと呼ばれるしくみについても枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じです。

とはいえNISAは2023年までの仕組みですので、これから始める人には、あまり気にする必要はないかもしれません。

NISAが始められるのは2023年までです。

期限につきましては当初から決まっていたことではありますが、これから始めたいと思っている方にとってはあとわずかな期間しかありません。

2023年になるまでは、すでにNISAをやっていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーの制度が利用できたのですが、これからはじめる方にとっては、この制度は無関係ですね。

それではNISAの期限が切れる一体どうなるのでしょうか?その場合は売却もしくは、課税対象の普通の口座に移行するかのどちらかになります。

非課税の口座と課税される口座間で株や投資信託を移し替えることで、最終的な売却時の支払いが損になるかならないかを見極めましょう。

NISAは非課税というメリットがある一方でデメリットもあります。

それは「NISAは損失の繰り越しができない」ということです。

含み損のある状態で期限を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座へ引継ぎというのが通常の流れですが、NISAの場合、引き継いだ際に手数料はかからないのですが、その値段で新たに買ったということになります。

50万で購入した金融商品が引き継ぎ時に25万円になっていた場合、口座へ引き継ぐ際には25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益という扱いになってその5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですから実際に引継ぎをする場合でも含み損がでていれば一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

こういった総合的なコストを含め実際的なデメリットと言えそうです。

NISAとは簡単に言うと、金融商品の利益を非課税にするという制度のことです。

日本では2014年にスタートして、年間にして120万円までが非課税で売買できる枠となります。

もっと詳しく言うと日本に住む20歳以上となっていまして、実際には一人につき一口座と決まっています。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、株などの配当や売買益といったものがその対象です。

期間は最長5年までということになっていますが、現在保有しているものをNISA口座に移動させるということはできません。

NISAに失敗してしまうのはどのような原因があるのか気になりますよね。

大きく分けると、まずはNISAの仕組みによって起こるもの、金融商品自体がそのもののリスク、NISAの仕組みによるデメリットを無意識的に避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗ものと言えば期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させ株価が値上がりしてしまうと、値下がりした後の金額が基準になっていることから利益がでたとみなされ、含み損があるのにも拘らず課税されてしまうことです。

金融商品自体がもっているリスクというのは簡単に言うと、NISAに限らず金融商品は値下がりしたら損するということです。

NISAの仕組みによって非合理的な行動を取ることによるリスクというのは、NISAの枠が120万円だからその間におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISAで取引が可能な金融商品と言えば、ざっくりと分けると株と投資信託とワラント債というものになります。

株といっても、ハイリスクな信用取引は含まれませんし、わりとリスクが少ないと言われる債券についても対象外になっています。

人気のある外貨MMFなども含まれていないですし、情勢不安の際に強いと言われている金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

そして、FXなどのハイリスク型の金融商品も含まれません。

NISAという商品の誕生理由は、日本では預金する傾向がとても高いため、その分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのでは?という想いから誕生したそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的に投資資金に回すことを狙っているものと思われます。

NISAを銀行で始めようと思っている方はいませんか?取引先にすすめられて…などいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が良いと思います。

ゆうちょや銀行などの場合、NISAの始め方から丁寧に教えてくれますから、直接やり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISA最大の特徴である税金を引かれないというのは、出費が少なくなるというメリットですから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

極力リスクを下げることも考えて銀行にするかどうか決めましょう。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますよね。

雑誌などで目にしたという人もいるかと思います。

しかしながら、実際に運用を始めるかというのは難しい問題ですよね。

預金金利が低いから預けておいても増えないからこれからは投資だといわれても、減ってしまうリスクはやはり怖いですしね。

投資家ではなく、一般人が生活の上で投資を始めるときに最初に考えなければいけないのは、リスクがどうかではなく、何のためにやるのかという目的をきちんと見定めるということです。

子供が大人になった時のために、まとまったお金が用意しておきたいと考えているなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

将来有望そうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAの投資信託は初心者向けとなります。

その理由は、投資額が低額で済むからです。

現物株の場合、1単元あたり数万円から数十万円はかかりますので、限られた銘柄にしか投資することができません。

一度に大きな額を投資するという点で心理的なハードルも高いですね。

それとは別に、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が限定されているNISAでも分散投資が実現できますね。

投資に回す予算をあまり取れないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらうことになると、手数料や信託報酬などが必要になりますのでその点はご留意ください。

メニュー