投資初心者向けにNISAの仕組みを解説します。NISAとは、NISA専用の口座で毎年一定の範囲内で買った金融商品から得られた利益が非課税になる制度です。

NISAの仕組み上5年後どうするかは大きな課題

NISA口座のおすすめは?【銀行と証券どっちがいい?】
■HOME >> NISAの仕組み上5年後どうするかは大きな課題

NISAの仕組み上5年後どうするかは大きな課題

NISAの仕組み上5年後どうするかは大きな課題です。

というのもNISAには最長5年間というルールが設けられているからです。

タイムリミットが来た時に私たちは実際に何ができるのでしょうか。

上がっているか下がっているか関係なく一度売ってしまうというのがまず一つです。

期限が切れた枠を新しい枠にする方法があります。

これらの他には通常の証券口座に移行するというのも可能です。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、投資に対する考え方は人によると思いますので言いきれませんが、含み損がでているものを通常の証券口座に移すと、損益通算ができないため結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです。

生活のバランスを崩さないように貯金もしつつそのうちのいくらかを投資に回してみる。

といったことはよく言われていますが、少額投資ならではのリスクというものもあるのです。

株式取引をメインに考えてみますと、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

となるとお金がない人は参加できませんし、特定の1つの会社がどうなるかなんてそこまで信頼できることでもありませんから、お金がある人にとっても結局リスクがあるというわけでやはりハードルは高いようです。

投資信託であれば金融で仕組み化している分の手数料がありますがバランス投資が低予算でも実現できます。

NISAを開設できるのは2023年までとなっています。

期限につきましては当初から決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとってはあとわずかな期間になってきましたね。

2023年まではすでに買っていて5年の期限が切れたものであっても、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからはじめる方はこの仕組みは利用できないと思っていいでしょう。

ではNISAの期限が切れるとどうなってしまうのか気になりますよね。

その場合は売却するか課税のある普通の口座に移行するかのどちらかになります。

NISAの非課税口座と一般の課税口座間で株や投資信託を移行させることで、最終的な売却時の支払いが損になるかならないかを見極めましょう。

NISAの口座を開設したいと考えているなら、まず最初に考えなければいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人一つしか持てませんので、対応している金融機関の中でどこが一番自分にとってよいのかを厳選する必要があります。

一番おすすめなのは証券会社ですね。

数ある証券会社の中でも、特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安さだけに固執するのではなく、キャンペーンなども合わせて比較することをおすすめします。

例えば売買にかかる手数料が無料になるという証券会社もありますし、キャッシュバックキャンペーンなどを行っている場合もあります。

投資金額によっては、キャンペーンを重視するというのも有用です。

投資に興味があるという方は、「NISAのはじめ方」から勉強してみてはいかがでしょうか。

ただはじめるだけであれば、ご近所のゆうちょや銀行の支店などでもはじめることができます。

とはいえ、ゆうちょや銀行では本当にただはじめるだけという人向けなので、きちんと収益を上げようと考えている方には、ネット証券を利用することを強くおすすめします。

銀行やゆうちょなどで扱っている金融商品というのは、ローリスクローリターン型の投資信託になります。

決して悪くはないのですが、逆に言うとそれしかないのでちょっと気になるところです。

独占の金融商品に興味があるというわけでなければ、売買手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が安定の選択肢です。

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?通常のNISAというものは自分のために口座開設をして投資するものです。

ジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫などために、親御さんなどが代理で運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAには、NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫の将来のための備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAには18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳になりましたら、自動的にNISA口座に変更されます。

ジュニアNISAの制度が終わっても、一定の金額までは20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAは非課税というメリットがある一方でデメリットもあります。

それは「NISAは損失の繰り越しができない」ということです。

含み損のある状態で5年間という期限を迎えた場合、証券会社でならば、特定口座か一般口座に引継ぐ形となりますが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、引き継いだ額分、新たに買ったということになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、口座へ引き継ぐ際には新規で25万円で買ったという扱いになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益という扱いになってその5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですから、引継ぎをする場合でも含み損が出ているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが得策かもしれません。

そういう手間や手数料をひっくるめてデメリットと言えそうです。

NISAのリスクは主に2つあります。

1点目は、NISAの仕組みが抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同じですが、NISAで注意しなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限を迎える前に一般口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損があったとしてもそれが考慮されないというリスクがあります。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

そしてもちろん金融商品自体が持つリスクというのは当然あります。

NISAとは分かりやすく考えると、金融商品の利益を非課税にするという制度のことです。

日本では2014年に開始した取り組みで、毎年120万円の非課税枠があります。

より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、ひとつの口座のみを持つことができます。

非課税という素敵な響きが魅力ですが、株などの配当や売買益といったものがその対象です。

5年間までという制限があるのですが、今現在NISA以外で保有しているものはNISA口座に移管させることはできません。

NISAを銀行でやろうと思っている方って実際にはどれぐらいいらっしゃるのでしょうか。

取引先の銀行とのお付き合いで始めるとかでないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、直接やり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの特徴である税金を引かれないというのは、支払うコストが低くなるということですから、折角ですので手数料が安くなる可能性も追求したいですよね。

可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

メニュー