投資初心者向けにNISAの仕組みを解説します。NISAとは、NISA専用の口座で毎年一定の範囲内で買った金融商品から得られた利益が非課税になる制度です。

NISAにはロールオーバーという制度が

NISA口座のおすすめは?【銀行と証券どっちがいい?】
■HOME >> NISAにはロールオーバーという制度が

NISAにはロールオーバーという制度が

NISAにはロールオーバーという制度があります。

NISAは最長5年という条件が設けられているのですが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、移行させることをロールオーバーと呼びます。

NISAの投資枠自体は毎年120万円と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぎが可能です。

ジュニアNISAの仕組みについてもロールオーバーついては基本的には同じです。

ただ、NISA自体が2023年までの仕組みですから、これから運用を始めるという人にとっては、ほとんど関係ないかもしれません。

NISAの解約可否について気になるという方もいらっしゃると思いますが、手続き可能ですのでまずはご安心ください。

但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

証券会社等によって細かい手順は違ってくると思いますが、廃止手続きをするための案内に従って進めることになります。

もう少し具体的には非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付します。

必要な書類は手続きを申請した段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約できるという点は、原則60歳までは解約不可となっているiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、始めやすいとも言えますよね。

NISAが始められるのは2023年までです。

当初から決まっていたことではありますが、これからNISAをはじめる方にとってはあとわずかな期間しかありません。

2023年まではすでに買っていて5年の期限が切れたものであっても、ロールオーバーといって持越しをすることができていましたが、これからはじめる方はこの制度は利用できないと考えて良いでしょう。

ではNISAの期限が切れるとどうなってしまうのか気になりますよね。

その場合は売却するか課税される普通の口座に移行するかの二択になります。

NISAの非課税口座と一般の課税口座間で株や投資信託を移行させることで、最終的な売却時の支払いがどうなるかをいくつか考えておくといいでしょう。

NISAとジュニアNISAにはどのような違いはあるか知っていますか?通常のNISAは自分のために自分が口座開設をしてお金を出して投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親御さんなどが代理で運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAはNISA口座を開設できない未成年のための救済措置という面と、子供や孫の備えという2つの面があります。

ジュニアNISAには原則18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳になりましたら、自動的にNISA口座に変更されます。

制度終了後に非課税期間を満了したとしても、20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

運用しているNISAを、他社もしくは他行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度がはじまった当初から少しかわって、1年に1回だけ変更可能になりました。

また、通常のNISAをつみたてNISAに変えたい場合(その逆も)があると思いますが、こちらの手続きも先程と同様に1年に1回変更が認められています。

ここで気になってくるのが、変更前に買った金融商品が、変更する時に強制的に解約しなければいけないのかどうかだと思います。

結論から言うと、そこは問題ありませんのでご安心ください。

前年度に買ったものは引き続き持ち続けることが可能です。

もちろんNISAの枠組み制限はそのままですからその点は注意しましょう。

NISAでおすすめされているのはどういう理由なのでしょうか?あなたが投資をするという経験が今までなかったなら、まず最初に必要な知識はNISAがどうこうではなく、投資が預金と大きく違うのはリスクリターンについて考える必要があるということです。

預金より投資のほうがリスクが大きいという比較してどうかという話ではなく、何が起こるとリスクとして現れるかということを知ることです。

株の場合はその会社の先行きが不透明になると売られていって値が下がることがあります。

投資信託などは銀行などの身近な金融機関でも販売されているためなじみがあると思いますが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

あとはもちろん自分がなぜ投資をするのかということを合わせて整理するとおすすめは自然と見えてきます。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

まず一つ目は、NISAの仕組みです。

NISAは利益に対して非課税というのが最大のメリットなのですが、損失が出てしまったときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAには5年間という期限があるところです。

期限を迎える前に一般口座に移動させることはできるのですが、含み損が発生していても考慮されません。

一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。

そしてもちろん金融商品ですから、商品自体がもっているリスクも考えなければいけません。

NISAで取引が可能な対象商品と言えば、ざっくりと分けると株と投資信託とワラント債というものになります。

株と一口に言っても、リスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的低リスクな債券も対象外です。

外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際にでも安定して強いと言われている、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

そして、FXなどのハイリスク型の金融商品も含まれません。

NISAが生まれた理由ですが、日本人は預金する傾向がとても高いため、その分を株式投資にまわすことができれば経済全体が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的な運用が狙いのようですね。

NISAによる資産形成の話は、資産運用界隈では良く耳にする話題ですし、雑誌などで目にしたという人もいるかと思います。

ですが実際に手を付けるかどうかは難しい問題ですよね。

預金してもメリットが少ないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってもいいわけじゃないですしね。

生活をしていく上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく、何のためにやるのかという目的をきちんと見定めるということです。

老後にある程度まとまったお金が必要だと考えているなら、まずは数年先の社会を予想してみてはいかがでしょうか。

先の明るい企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAと積立NISAの違いを簡単に説明すると、現物株や投資信託が扱える通常のNISAとは異なり、投資可能な商品が限定されています。

積立NISAでは投資信託のみの扱いとなりますが、その中でも分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料が0円であること、長期分散投資に適している公募投資信託であることなどに限定されています。

投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。

上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用できませんのでお気を付けください。

メニュー