投資初心者向けにNISAの仕組みを解説します。NISAとは、NISA専用の口座で毎年一定の範囲内で買った金融商品から得られた利益が非課税になる制度です。

NISAは解約できるのかどうかは気になる

NISA口座のおすすめは?【銀行と証券どっちがいい?】
■HOME >> NISAは解約できるのかどうかは気になる

NISAは解約できるのかどうかは気になる

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、手続きはできますからまずはご安心ください。

ただし条件があり、残高があると解約することはできません。

証券会社や銀行などによって、解約手順は多少異なると思いますが、廃止手続きをするための案内に則って進めることになります。

もう少し具体的にお知らせすると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と一緒に送付します。

必要な書類は手続きを申請した段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約可能な点は、原則60歳まで解約することができないiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、それだけ始めやすいとも言えます。

NISAをする上で5年後というのは大きなテーマになります。

というのもNISAは最長5年間と決まっているからです。

期限が切れた時に私たちにはいくつかの方法が用意されています。

その時に一度売却してしまうというのが分かりやすいですね。

期限が切れた枠を新しい枠にする方法があります。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、人によって投資方針はいろいろだと思いますが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、損益通算ができないことによるリスクがあることは知っておいてください。

NISAと積立NISAの違い端的に紹介すると、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資できる金融商品が決まっています。

積立NISAでは投資信託しか扱えないのですが、中でも分配金が頻繁に支払われるタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がゼロであること、長期分散投資に適している公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限も年40万円迄ですからかなり違いがあると言えますね。

上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用することができないというのも気を付けなければいけないポイントです。

NISAに失敗してしまうのはどのような原因があるのか気になりますよね。

NISAの仕組みによって失敗してしまう可能性、金融商品自体そのものが抱えているリスク、NISAの仕組みを活かしきれず逆効果になってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗というのは、期間終了時に含み損が発生していた場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは端的にいってしまうと、NISAじゃなくても値下がりしたら損するよねということです。

3つ目のNISAの仕組みによるデメリットについてですが、NISAの枠が120万円ですから、その間に収まるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことを指します。

NISAを利用する最大の目的は非課税ということにつきますよね。

NISAのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。

120万円の非課税枠は使い切りです。

よく勘違いされやすいのですが、例えば50万円の株を購入した後に売却しても50万円分の枠は返ってこないということです。

念のため解説すると、120万円までという枠ですから、合計120万円を超える商品は購入することはできません。

また、枠自体を持越しすることは不可ですので、年内に使いきれなかった分は消滅し、翌年に新たに120万の枠となります。

NISAのリスクは主に2つあります。

1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。

NISAは利益に対して課税されないという性質がメリットとして取り上げられますが、損失が発生したときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAの場合で特に注意が必要なのは5年間という期限があるところです。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損がでていたとしてもそれが考慮されないのです。

一度処分した後、再び買い戻したりする必要があるかもしれません。

そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。

NISAとは何なのかできるだけ分かりやすく答えると、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。

日本で始まったのは2014年で、年あたり120万円が非課税枠として用意されています。

より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

非課税枠というとすごく魅力的なので詳しく確認してみると、金融商品の配当や売買差益といったものが該当します。

最長で5年間という制限があり、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。

NISAには非課税という最大のメリットがありますが当然ながらデメリットも存在します。

それは「NISAは損失の繰り越しができない」ということです。

含み損のある状態で期限を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座に引継ぎとなるのですが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、その値段で新たに購入したという扱いになります。

50万で購入した株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益ということになり、含み損が出ているのにも拘らず税金を課せられてしまうのです。

ですから、引継ぎをする場合でも含み損が出ているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが得策かもしれません。

そういう手間や手数料といった意味での総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAとジュニアNISAの違いをご存知ですか?通常のNISAは自分のために自分が口座開設をしてお金を出して投資するものです。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親御さんなどが代理で運用していく仕組みになります。

口座を開設できない未成年のためという面と、子供や孫たちのための備えという面があります。

ジュニアNISAには原則18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されます。

NISAの枠組み自体が終わった後に非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは非課税で保有可能なのは大きなメリットですね。

NISAを銀行では始めようと思っている方って、どれぐらいいるのでしょうか?取引先の銀行とのお付き合いで…ということでなければ、手数料が安いネット証券がおすすめです。

ゆうちょや銀行などの場合、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のウリである非課税になるというのは、結局のところ、支払うコストが低くなることに繋がりますから、どうせなら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですね。

できるだけリスクを避けることを考えて銀行にするかどうか決めるようにしましょう。

メニュー