メラトニンの効果って?

メラトニンはホルモンの一種で、免疫賦活作用や抗酸化作用により「抗加齢サプリメント」として有名です。

人間の体内においては、主に神経内分泌系の調節を担っており、最も重要な役割としては睡眠周期の調節機能が挙げられます。

時差ボケの解消に非常に効果的であるため、海外の旅行先で利用されるケースが多いようです。

この他、代謝、性行動、食欲に関与する多機能な物質といえます。

通常、メラトニンは十代後半から徐々に分泌量が減少し、やがては早朝覚醒や中途覚醒など「睡眠の質」の低下を招くようになります。

例えば、お年寄りが朝早く目覚めるのは、メラトニンの減少によるところが大きいと考えられています。

メラトニンの分泌が十分に行なわれなくなると、さらに免疫力の低下や、肉体的な衰えを引き起こすケースもあるようです。

睡眠をつかさどる物質として有名なメラトニンですが、その本来の効果は「体内時計をリセット」する点にあります。

時差ぼけに有効なのは、睡眠薬のように眠気をもたらすのではなく、生体の代謝機能に働きかけ、日内変動をリセットするためです。

よって人間本来の「自然な眠り」を取り戻す物質として医療の現場でも重宝されています。

さらに、メラトニンは強力な抗酸化作用を有しており、アンチエイジングの代表的なサプリメントとしてもよく知られています。

腫瘍の増殖を抑制したり、血管の修復を促したり、抗癌剤の毒性を減少させる効果も報告されています。

一方で副作用の心配は少なく、安全性の高さにも定評があります。

サプリメントの中では非常に即効性に富む物質として知られ、短期間の服用で睡眠の質を改善します。

ページのトップへ戻る