育毛剤の使い方とは

育毛剤にはいくつかの種類があり、使い方は種類によって異なります。

まず育毛剤で最も多い種類があり、また一般的なものは外用薬として、直に頭皮に塗布したりスプレーしたりするタイプのものです。

このような外用薬タイプの育毛剤の効果的な使い方としては、入浴やシャワーなどで洗髪した後に使用するというのが原則です。

入浴やシャワーなどを浴びると、毛髪の毛穴もゆるみ、開いてきます。

またさらに効果的に毛穴を開かせるために、温かいタオルを頭に乗せたり、ビニールキャップを被って頭皮の熱が失われないようにする方法も有効です。

頭皮の毛穴が充分に開いたら、育毛剤を使います。

育毛剤は種類や製品によって使用方法が異なりますので、まずは注意書きや使用上の注意などをしっかりと読んでおくことが大事です。

いずれのタイプの育毛剤についても共通して言えるのは、髪の毛ではなく、直に頭皮に育毛剤が染み渡るように使うということです。

また育毛剤を使用した後は、頭皮のマッサージを行います。

このマッサージは育毛剤の成分を行き渡らせるためにも重要ですが、頭皮の血行を良くする上でも大きな効果があります。

育毛剤の効果を高めようとして、規定量よりも多い量の育毛剤を使用する人がいますが、これは意味がありません。

使用方法や使用量はきちんと守りましょう。

これは服用するタイプの育毛剤でもまったく同じことが言えます。

特に服用するタイプの育毛剤では、服用量が多すぎると思わぬ副作用などを引き起こす危険性もあります。

ページのトップへ戻る