ホームヘルパー資格取得方法

ホームヘルパーは現在もっとも需要が高い資格といえるでしょう。

とくに女性の間で高い人気を誇っています。

慢性的な人手不足となっている介護業界。

この資格を取得していれば就職はもちろん、結婚退職後の復職にも大きく役だってくれることでしょう。

ホームヘルパーは1級~3級の3種類があります。

3級は入門程度の内容となっており、実際に介護の現場で働くためには最低2級は欲しいところです。

ホームヘルパーでは受験資格といったものは特になく、だれでも受験することができます。

ただし、1級のみは2級を取得したあと1年以上の実務経験が必要となります。

資格取得には養成研修を受ける必要があります。

3級の場合は50時間の講習を受けることで資格を取得することができます。

2級になるとグッとハードルが高くなり、講義が58時間、実技が42時間、実習が30時間の合計130時間の受講が必要となります。

1級は230時間の受講時間を受けた上で取得することができます。

なお、1級を取得すると実務経験3年以上で介護福祉士、5年以上でケアマネージャーになる資格を得ることができます。

このように、長時間の講習が必要となる資格ですが、スクールや通信講座を活用することで働きながら資格取得を目指すことも十分に可能です。

就職・転職に直接役だつ資格であると同時に、将来的なスキルアップとしても役だつホームヘルパー。

今後さらに注目が集まることは間違いないでしょう。

ページのトップへ戻る